インタビュー

Interview

お客様からのハートコールがモチベーションに。
人の役に立っていることを実感できる仕事です。

秋田BPOメインキャンパス
2019年新卒入社 オペレーター

入社理由

「地元」×「経営理念」で自分にベストな会社。

地元秋田で働けるということと、人と話すことが好きなので人と接する仕事であることの2点を重視して就職活動を行いました。プレステージ・インターナショナルグループの他には、不動産業界や金融業界の営業職も考えていました。
その中でプレステージ・インターナショナルグループを選んだのは『エンドユーザー(消費者)の不便さや困ったことに耳を傾け、解決に導く』という理念に強く共感したからです。学生時代、ボランティア活動などの取り組みをきっかけに、困っている人の力になりたいという思いを強く抱くようになったこともあり、ここで働きたいと思いました。

仕事内容

全国の車のトラブルで困っているお客様を助けています。

私は自動車保険に付帯されているロードサービスの受付業務を行っています。車の事故や故障に遭われたお客様から現場の状況をお聞きし、対応できるスタッフを派遣する仕事です。

道路上でお困りのお客様は、1分1秒でも早く対応してもらいたいと思っていらっしゃるので、スピーディかつ丁寧な電話対応が求められます。

仕事のやりがい

自分に足りない技術は気持ちのこもった対応で補う。

同じチームの先輩方と同じように迅速に受付を行うことはまだできていないのですが、多少時間がかかっても、その分お客様をに安心していただけるような対応をしようと心がけています。その結果、お客様から「親切な言葉をかけてもらって嬉しかった」というお言葉をいただき、とてもやりがいを感じました。
お客様から後日、お礼の電話やメールをいただくこともあり、私達はそれを「ハートコール」と呼んでいます。やはりハートコールをいただけると、自分の仕事の大切さが実感でき、「またがんばろう」と励みになります。

拠点のここが自慢

地域に根差した、“人”に優しいところが会社の魅力。

従業員、そして地域のことを考えてくれていること、常に変化し続けているところに会社の魅力を感じています。プレステージ・インターナショナルグループは地方での雇用の創出・継続に力を入れています。そのため、未経験の人で子どものいるお母さんでも安心して働けるよう、充実した研修制度や企業内保育園などがあります。一人ひとりのライフスタイルに合わせて働ける環境であることが自慢できるポイントです。
また秋田BPOメインキャンパスは当社第1号となる拠点で、プレステージ・インターナショナルグループが行う事業のほとんどを網羅しています。そのため長年の歴史とノウハウから質の高い電話対応や運営方法などを幅広く学ぶことができるので、この拠点で働けてよかったと思っています。