インタビュー

Interview

自分発を、次々と。
「新しい!」を楽しめる場所です。

山形BPOガーデン
2017年新卒入社 新卒採用担当

入社理由

幅広い仕事が、自分の好奇心をくすぐってくれます。

学生時代、居酒屋やアパレルショップで接客アルバイトをしていて、人と接する楽しさを味わっていたため、就職活動でも、お客様と会話をすることができる仕事を探していました。なかでも、プレステージ・インターナショナルグループは、困っている人の役に立てる点が大きな魅力でした。入社して気づいたのは、想像以上に幅広い職種・部署があること。将来やりたいことが定まっている人はもちろん、まだ見つかっていない人も、幅広いフィールドが広がるこの会社なら、仕事をしながらチャレンジしてみたいことを見つけられると思いますよ。

仕事内容

ともに成長していく新しい仲間を見つけ出す仕事。

1年間のオペレーター勤務を経て、2年目の春から人事部に異動になり新卒採用担当の仕事をしています。求人媒体の選定や広告内容の企画、就職イベントへの参加、学内説明会/会社説明会の企画運営など、盛りだくさんの仕事です。入社3年目ながら、自分発のアイデアを具現化していけるのはとても面白いですね。課題や目的を見定めて、「こんなことをやってみたいんです」と提案すると、「よし、やってみよう」と言われることがほとんど。プレゼンの相手は、拠点長ですから話も早いんです。拠点長は気さくで、とても話しやすく、ちょっとした相談事にもいつでも乗ってくれますね。

仕事のやりがい

自分発の仕事を、どんどん創っていける。

一人ひとりがやりたいことを実現しやすい会社だと感じますし、むしろ、失敗を恐れず新しいチャレンジをしていくことを求められる場所であると思っています。例えば、現在私は高校生向けの就業体験イベントを企画しています。地元の高校と協働プロジェクトを立ち上げ、高校生に授業の一環として隔週で来社してもらい、就業体験授業を実施。<地域と協働した地域課題を解決するサービスを考える>というプログラムを推し進めています。採用担当という枠を超えた仕事かもしれませんが、想いがあればどんな枠も飛び越えられる。それが、プレステージ・インターナショナルという会社だと思っています。

拠点のここが自慢

従業員全員で創りあげている、山形BPOガーデン。

自分発で創りだしていけるのは、自分自身が担当する仕事だけではありません。山形BPOガーデン自体、従業員の皆の声が集まってできあがっているんです。小さなところでは、カフェテリア形式の社員食堂のメニューは従業員の要望が元になっています。制度も従業員の声で変わっていきます。先日は有給休暇の取得体系がより良く変わりました。それまで一日単位、半日単位でしか取得できなかった有給休暇ですが、働くお母さんが多いことから、時間単位での取得が可能に。より働きやすい環境になりました。従業員の声が、会社運営に反映されやすいのは、この拠点の大きな魅力ですね。